• カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook
  • カミナリインスタグラムカミナリinstagram

山陰の情報を発信するカミナリ

ナビ

13

SEPTEMBER

オフTUESDAY 2016 / 9 / 13

オヤジギャグとは何か

なぜ男は歳を取るとオヤジギャグを言いたくなってしまうのか。若者はそれを

「感性がニブくなったからだ!」

と責めるように言うかもしれません。

 

しかし、僕はあえてこう主張したい。

「オヤジギャグとは自己肯定である!」

と。

 

以下理由の解説:

まず、オヤジギャグってのは、おもしろくない、つまりは『価値が無い』ギャグのことです。で、オヤジギャグが見下されるのは、まさに価値が無いからです。

しかしそう見下す背景にある考えは、『私たちは高い価値を持っていなければならない』、というもので、この考えがあるがからこそ、『自分には価値が無い』、と自己否定してしまったりします。

それで、こういう人は価値ってのが誰から見るかで全く違うということを忘れてしまっているんですよね。
例えばあなたの価値について考えたとき、

・会社から見た自分の価値
・父母から見た自分の価値
・兄弟姉妹から見た自分の価値
・友人から見た自分の価値

と、すべて違うじゃないですか。
にも関わらず、絶対的な価値があると思い込み、自分には価値が無いなどと自己否定する。

たとえこの世界にとってあなたに価値が無かったとしても、あなたに価値を見出す誰かは居るわけで、なら世界なんか放っておいて、自分が大事な人にとっての価値を高めてればいいじゃないですか。

そして何より

・自分から見た自分の価値

すら否定してしまう。本当はそれは自分自身だけが決められるものなのに、何かや誰かによって価値が無いと決められてしまったのだ と思い込んでしまう……

そんなのおかしいじゃないですか?

だから僕はあえて価値が無いギャグを言い放ち、それでいてそれでいて自信に満ちた様(自己評価が高い様)を見せることでこの考え方を否定したい……そういう思いが僕をオヤジギャグへと駆り立てるのであります。

 

 

・・・・・・こうやって自分のオヤジギャグを肯定することで今日も細々と生きています。

(歳を取ると言い訳が上手くなります)

 

 

 

先般、占い師兼霊能者の彼女がお客さんから

「おかげさまで今度、自社ビルを建てることになりました。
感謝の気持ちを込めて、ビルに銅像を建てさせていただきますね!」

と言われ、思わず

「やめてください、恥ずかしい」

と答えたそうですが、僕は思わずこう叫びました。

 

「バカヤロウ! そこは
どうぞぅ!
と答える千載一遇のチャンスだろうが!!!」

 

黙ったまま死んだ目で僕を見つめる彼女の顔が、いまでも脳裏に焼き付いています。

 

松本博之隠しプロフィール画像

TEXT by

松本 博之まつもとひろゆき)

1978年、鳥取県米子市生まれ。
株式会社マジックワード WEBシステムの開発・運用を担当。

この人が書いた他の記事を読む