• カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook
  • カミナリインスタグラムカミナリinstagram

山陰の情報を発信するカミナリ

ナビ

16

FEBRUARY

ウェブFRIDAY 2018 / 2 / 16

カスタムフィールドで画像を繰り返し登録する。<WordPress>

Text by Shinji Satoh

  • カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook

こんばんは。

 

佐藤です。

 

ワードプレスでカスタムフィールドを使う時、一番有名じゃないかなと思うプラグインがやっぱりこれ。

 

「Advanced Custom Fields」

 

だと思います。

 

僕もよくお世話になります。

特徴はとにかく使いやすく、高機能です。

 

ただ今日は別のプラグインを紹介したいと思います。

 

「Toolset Types」

 

別にAdvanced Custom Fields でいいじゃん?

 

とか思うかもしれませんが、彼には彼なりにいいところがあるので紹介していきます。

 

というわけで

 

 

ここがすごい!!男前だよ「Toolset Types」先輩 その①

 

画像の登録を一つのフィールドで複数可能です。

こんな感じ

画像の「Add new」の部分をクリックすると項目が増えガンガン登録できます。

こんな感じっす。

 

 

この機能Advanced Custom Fieldにはないのかって??

 

実はあります、、、、、

でも有料なんです( ;∀;)

 

無料のままだと画像の数だけフィールド作らないといけないんで、画像の枚数が一定ではない投稿なんかに無料のまま対応しようとすると無駄に長くてカッコ悪い投稿画面になります。

 

自分で記事を投稿する場合ならいいかもしれませんが、お客様やユーザーに投稿していただく場合はちょっとナンセンスですよね。

 

その機能を無料で実装してくれるToolsetTypes先輩。・・・本当男前です。

 

そしてそしてもう一つ大きなメリットがあるんですよ。

 

 

ここがすごい!!男前だよ「Toolset Types」先輩 その②

 

add_image_size()がなくても呼び出す時に画像サイズ指定していれば画像を作ってくれます。

まぁ、なんて言うとadd_iamge_size()とあんま変わりなく聞こえるのですが、、、

これ本当に便利です。

 

何が違うかと言うと画像が生成されるタイミングが違います。

 

add_image_size()で指定した画像は画像がメディアに投稿されたタイミングで生成されます。

もちろん悪いことではないのですがちょっとデメリットがあり投稿した画像に必要ないサイズでも生成されます。

 

なので「商品画像にしか使わないサイズ」とかをadd_iamge_size()で登録しているとニュース記事用の画像を投稿しようが、ブログ用の画像を投稿しようが商品用の画像を生成してサーバーを圧迫します。

 

その点Toolset Types先輩であれば最初にその画像のそのサイズが必要とされた段階で画像を生成するので必要な画像のみ生成されます。

 

 

これで画像が大量に生成されることによるサーバーの圧迫を抑えることができます。

 

詳しい先輩の使い方に関しては説明してくれているサイトがたくさんあるので是非参考にしてみてください。

 

 

佐藤真司隠しプロフィール画像

TEXT by

佐藤 真司さとうしんじ)

1990年 鳥取県米子市生まれ。
株式会社マジックワード フロントエンドエンジニア。

この人が書いた他の記事を読む