• カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook
  • カミナリインスタグラムカミナリinstagram

山陰の情報を発信するカミナリ

ナビ

20

JULY

レポートFRIDAY 2018 / 7 / 20

記録的な猛暑が続き、僕たちの体力は尽きかけていた。。。

Text by Shinji Satoh

  • カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook

 

 

 

7月20日

 

 

 

日本では記録的な猛暑が続き、僕たちの体力は尽きかけていた。。。

 

 

 

 

 

そんな中、カミナリの事務所に“やつ”はやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはパッケージを開封していく。

 

 

 

 

 

するとまだ蓋を開け切っていないのにもかかわらず、香ばしい匂いが漂ってきた。

 

 

 

 

 

それは私の胃袋を刺激し、「早く開け」と思わず腕に力を込める

 

 

 

 

 

しかし、セロテープがなかなか剥がれず、作業は進まない。

 

 

 

 

 

「焦ってはいけない」

 

 

 

 

 

私は自分に言い聞かせた。

 

 

 

 

 

そう、ここで焦って落としでもしようものなら、全てが水の泡だ。

 

 

 

 

 

 

逸る気持ちを抑えながら、私はゆっくりとパッケージを開封した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、先ほどとは段違いの香りの量に圧倒され、私は思わず理性を失いそうになる。

 

 

 

 

 

私は、口に入れる前に悟った

 

 

 

 

「これ、絶対うまい」

 

 

 

 

 

私はなんとか理性を保ちつつもまずは奈良漬けを空いた蓋の上に移した。

 

 

 

 

 

 

私にとっては大事な作業である。

 

 

私と同じという人も、そう少なくはないはずだ。

 

 

 

 

 

 

お茶もセットした。味噌汁(しじみ)も入れた。山椒たれもかけたし。奈良漬けもよけた。

 

 

準備は完璧だ。

 

 

 

 

 

 

 

私は“やつ”の身が崩れぬ様、そっと御飯と一緒にすくい上げ、

口へと運んだ。

 

 

 

 

 

“やつ”口に入れた瞬間、たれの焼ける香ばしい匂いで口のなかが満たされる。

 

 

 

 

 

そして、香からは想像もできないほど柔らかさジューシーさを兼ね備えた“やつ”

香や触感で楽しませるだけでなく、大量の脂を口の中で溢れさせていく。

 

 

 

 

 

「うまいっ!!」

 

 

 

 

思わず、そうつぶやかずには居られなかった。

 

 

 

 

 

 

溢れる脂は川の魚とは思えぬほど臭味がなく、旨味のお化けと化していた。

 

 

 

 

 

 

 

理性が崩れていくのが分かった。

 

 

「早くっ!、早く次の一口を!」

 

 

 

 

私は我を忘れ、次々と“やつ”を頬張っていった、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーー30分後ーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

ご馳走様でした!!!!

 

 

 

本日は丑の日!

ローソンさんのうな重を社員みんなでいただきました!!

 

めちゃくちゃおいしかったです!!ありがとうございました!

 

 

 

 

佐藤真司隠しプロフィール画像

TEXT by

佐藤 真司さとうしんじ)

1990年 鳥取県米子市生まれ。
株式会社マジックワード フロントエンドエンジニア。

この人が書いた他の記事を読む