• カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook
  • カミナリインスタグラムカミナリinstagram

山陰の情報を発信するカミナリ

ナビ

22

AUGUST

オフTHURSDAY 2019 / 8 / 22

暑さの原因は

Text by Oomura Natsumi

  • カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook

やっと焼けるような暑さも落ち着きを見せ、少しずつ過ごしやすい日が増えてきて嬉しい限りです。

 

しかしそんな中、暑がりの自分としては大ダメージを受けてしまった事件が起きました。

 

 

 

ある日の朝目が覚めると、なにやら暑い。

それはもうやたらと暑い。

前日の夜に短時間冷房をつけていた記憶があるので、ここまで暑くなるとは考えにくいのですが……。

 

ちらりとクーラーの様子を見ると、ちゃんと動いています。

凄い勢いで風が出ている音…が……、……?

 

 

 

えっ、何で君 今 動いてるの??

 

 

 

昨晩ちゃんと電源を落としたはずですし、朝に自動で起動するようなタイマーなんかは設定していません。

 

慌ててクーラーのリモコンを確認しようとすると……無い。

いつも置いている定位置から、綺麗さっぱり消えています。

 

(普段は下の写真のように、時計の前が定位置です)

 

早く探さなきゃと体を動かした瞬間、腰のあたりに何か箱型の感触がありました。

 

見るとそこには、下敷きにされたリモコンの姿が……!

しかもその液晶には、真冬並みの高温設定の暖房(強風)の表示。

 

どうやら寝ながら、

 

①リモコンをはたき落とす

②ゴロゴロと動き回る

③リモコンを体の下敷きに

④暖房スイッチON & 設定温度を高温にする

 

というコンボを達成してしまっていたようです。

 

 

 

速攻で暖房を止め、窓と部屋の扉を全開にして換気を開始。

危うく干からびるところでした。

 

 

翌日からすぐさま定位置を変更し、今のところ再発は防がれています。

 

また今回の原因の1つとなった寝相については、布団をかぶった後に体の両サイドへ物を置いて動きを抑える対策をしました。

寝てる間に動きすぎるのはあまり良くないとも聞いたことがあるので、これを機に改善しようと思っています……。

大村奈津美隠しプロフィール画像

TEXT by

大村 奈津美おおむらなつみ)

1995年、鳥取県鳥取市生まれ。
株式会社カミナリ デザイナー。

この人が書いた他の記事を読む