• カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook
  • カミナリインスタグラムカミナリinstagram

山陰の情報を発信するカミナリ

ナビ

15

MARCH

ウェブWEDNESDAY 2017 / 3 / 15

低解像度のデータしか無い?じゃあwaifuの出番ですね

写真やイラストの素材で、低解像度のデータしかないことがあります。

もちろん高解像度のデータがあるのが望ましいのですが、場合によっては用意ができませんよね。

そんなときは waifu2x を使いましょう。

 


機械学習(人工知能の一種)のプログラムで、元々は無かったデータを推測し補完することで
低解像度のデータから高解像度のデータを生成することができます。

開発当初はイラストにのみ対応していましたが、いまは写真でも利用可能です。

 

では実際に試してみましょう。

まず使用する画像は無料素材サイトから取得してきたこちらの写真。

 

これをPhotoshopで小さく加工します。
元画像は 1600 x 1066 の解像度でしたが、150 x 99 まで縮めてみました。

これを再度Photoshopで倍の 300 x 198 にしてみると…

どうしてもぼやけた感じになってしまいますね。

 

ところが、waifu2x を使うとこんな感じになります。

ぼやけた感じがなくなり、かなりキレイに補完されています。

ということで、どうしても低解像度のデータしか無いという場合は利用できます。

 

なお「毎回ブラウザでやるのは面倒!」という方は実行ファイル版もあります(Windowsのみ)。

 

waifu2x-caffe (for Windows)

 

 

 

松本博之隠しプロフィール画像

TEXT by

松本 博之まつもとひろゆき)

1978年、鳥取県米子市生まれ。
株式会社カミナリ WEBシステムの開発・運用を担当。

この人が書いた他の記事を読む