• カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook
  • カミナリインスタグラムカミナリinstagram

山陰の情報を発信するカミナリ

ナビ

11

MARCH

オフTHURSDAY 2021 / 3 / 11

最近の息抜き

Text by Oomura Natsumi

  • カミナリツイッターカミナリtwitter
  • カミナリフェイスブックカミナリfacebook

ちょっと疲れた時に息抜きとしてやっている……というか、作っているものがあります。

手をつけたのが本当に最近かつたまに手をつける程度なので全然進んでいないのですが、こちらの2つです。

 

 

 

①『線対称かつ点対称になる柄』と

 

② よく「迷路なの?」と訊かれる、迷路として描いているわけではない『何か』

 

 

 

です。

 

何らかの規則に沿って作られていたり、直線的だったりする物が凄く好きで、小さい頃から同じようなものをしょっちゅう手描きで作っていました。

昔学校で使っていたノートのページ端には、やたらと色々な柄が描かれています。

 

 

――――――――――――――――――――

 

 

 

《①のこと》

中心に1つ図形を置いて、その周りに丸や四角・菱形・線等を配置して、図形のかたまりを徐々に大きくしていきます。

各図形の塗り方や配置順には、特に規則を設けていません。

全体のサイズが大きくなれば大きくなるほどテンションが上がります。

各図形が小さいとさらに好みです。

 

 

《②のこと》

白い方眼紙を黒で塗っていく感覚なのですが、その際に「白い部分がかたまりにならない」ことだけ守って黒い部分を塗り広げていきます。

白い部分が正方形に4つ並ぶのは“かたまり”扱いとなるのでNGです。

※左の塗り方は、図内のオレンジ部分が“かたまり”扱いのためNG ▶︎   右の塗り方に変えて、それに伴い周りも調整

 

過去のアナログ制作での最高サイズは、A1方眼紙でした。

迷路として描いている気持ちは一切ないのですが、じゃあこれは何かと訊かれると、自分でもよく分かっていません。

 

 

――――――――――――――――――――

 

 

 

好きでやっているので自分としてはかなり息抜きになるのですが、そういえば今まで「逆に疲れない?」と言われたことしかないな、と。

細々と同じ作業を繰り返すのが好きな方にはハマる……かもしれないので一応オススメしておきます!

大村奈津美隠しプロフィール画像

TEXT by

大村 奈津美おおむらなつみ)

1995年、鳥取県鳥取市生まれ。
株式会社カミナリ デザイナー。

この人が書いた他の記事を読む